中山栗栽培体験日記 < 伊予市シティプロモーションサイト|観光・ふるさと納税・特産品・移住・人

サイト内検索

FacebookTwitterLine
LINE登録
メルマガ登録

中山栗栽培体験日記

2024.02.01

中山栗栽培体験日記

1.「中山栗」とは
2.中山栗の栽培方法の紹介(剪定編)
3.中山栗を使った商品
  

1.「中山栗」とは

 伊予市の「ますます、いよし。ブランド」と愛媛県の「”愛”あるブランド」に認定されている「中山栗」を知っていますか?
 かつて将軍家に献上されたこともあると言われる中山栗は古くから、年齢、性別を問わず皆に愛されてきました。
 今回は、中山栗の魅力についてお伝えします。ぜひチェックしてみてください。

 中山栗は、標高、日当たり、水はけ、昼夜の寒暖差など、美味しい栗が育つのに適した様々な条件がそろった伊予市中山町で栽培されています。粒が大きく、糖度の高い濃厚な甘みが特徴です。
 特に銀寄と呼ばれる品種は、品質も安定し、大玉で甘い食味が特徴で、糖度の高い濃厚な甘みが特徴です。
 五大栄養素をすべて兼ね備えた栗は、栄養豊富で低脂質なヘルシー食品。ビタミン類も多く、なかでもビタミンCは柑橘類並みに含まれているそうです。さらに、食物繊維も豊富に含まれているそうです!
  

2.中山栗の栽培方法の紹介

 美味しい中山栗が作られる背景を知れば、より美味しく中山栗を食べることができるはずです!ここでは、1年間を通して中山栗の栽培を体験し、皆さんに紹介していきたいと思います。
 JAえひめ中央 栗部会長の三ツ井守恵さんにお世話になります。よろしくお願いしまーす!

~剪定編~

 剪定は、葉が落ちる12月~2月頃に、品質・収量向上と作業の効率化を目的に行います。
 中山地域では、低樹高栽培を推進しているため、木の高さを約3m50cmになるよう剪定を行うそう。いただいた中山栗剪定講習会の資料には、「主枝候補を選び、主幹の延長枝と主補枝をそれぞれ枝長の半分に剪定する・・・」などの説明がたくさんありました!
 三ツ井さんの説明を聞いて剪定の様子を見た後、実際に1本の木を剪定してみました!
 今回使用した道具はノコギリと剪定バサミです。

 どこを剪定すれば良いのか、迷いましたが、もくもくと作業することができました!成長した枝を切るのはもったいないと思ってしまいがちですが、残す枝以外は、ばっさりと剪定で切り落とし、次の年に実がなるように、枝を育てていくことが大切みたいです。プロの農家さんは、長年の経験を頼りに短い時間で剪定する事ができるようです!!

(太陽の光が下層部に入るよう、樹木上部の枝を中心に剪定してみました!上部の方がスッキリと見えますか?笑)

 剪定後の枝は、ウッドチッパーを使って処分したり、私有地の枝捨て場に処分するそうです。これもなかなかの重労働みたいです・・・。

 三ツ井さん、お忙しい中ありがとうございましたー!
 次回の更新もお楽しみに★

取材:MRN

3.中山栗を使った商品

 伊予市には、中山栗を使った商品が多くありますが、今回は、ふるさと納税で購入できる中山栗を使った商品をご紹介します。
 伊予市内のお店では、栗の時期になると中山栗を使ったスイーツも販売されます。是非、足を運んでみて下さいね。

  • 伊予栗なかやまロマン(株式会社 別子飴本舗)
    栗を練りこんだようかんを、ふんわりと焼き上げたスポンジ生地ではさんだシベリアンとクッキー生地に栗を乗せ、さくさくとした口当たりが楽しめるフロランタンの2種の焼き菓子があります。

□お知らせ□
2月12日まで中山栗ブランドイメージに関するアンケート調査を実施しています。抽選で記念品が当たるキャンペーンも実施しています。コチラよりご回答をお願い致します。

FacebookTwitterLine

いーよ

FOLLOW US伊予市の情報、発信中!

LINE
Instagram
facebook
Twitter
Youtube