四国初!伊予市双海地域で自動運転EV「MiCa(ミカ)」の実証運行開始! < 伊予市シティプロモーションサイト|観光・ふるさと納税・特産品・移住・人

サイト内検索

FacebookTwitterLine
LINE登録
メルマガ登録

四国初!伊予市双海地域で自動運転EV「MiCa(ミカ)」の実証運行開始!

2024.02.01

四国初!伊予市双海地域で自動運転EV「MiCa(ミカ)」の実証運行開始!

運行期間:2024年1月31日(水曜日)~2月29日(木曜日)
運行日:火・木・土曜日

伊予市は、BOLDLY株式会社と、市内に本社を置く株式会社植西運送などの協力のもと、2024年1月31日から、双海地域で自動運転EV「MiCa(ミカ)」(エストニアAuve Tech社製)の実証運行を開始しました!!
本実証は、国土交通省の「地域公共交通確保維持改善事業費補助金」を活用して実施するもので、
なんと、四国地方の公道で「MiCa」が走行するのは、本実証が初めてです‼


伊予市では、2024年度中の「MiCa」の通年運行の実現を目指しています。

子供からお年寄りまで、地域に寄添った公共交通サービスの実現を!

伊予市では、高齢化や慢性的なドライバー不足に伴い、公共交通の維持・確保が課題となっています。

実証運行では、障害物回避機能など新たな機能を備えた自動運転EV「MiCa」を用いて、運行ルートを拡大し、通年運行に向けた検証を行います。伊予市、BOLDLYおよび植西運送は、本実証を通して、自動運転技術を活用した持続可能な公共交通サービスの構築および移動促進による地域活性化を目指します。

今回は、2022年度の実証実験の運行ルートより、翠小学校から日尾野までの約1.8kmの区間を延伸することで、より幅広い地域に住む方々が気軽に乗車できるようにしています。また、前回の実証実験の際に多くの要望があった「鉄道との乗り継ぎ」を円滑にするため、JR伊予上灘駅において鉄道との乗り継ぎを考慮した運行ダイヤを設定する他、通勤や通学に利用できるよう早朝から運行します。

また、校区外から鉄道を利用して翠小学校へ通学している児童向けに、通学時間に合わせてJR伊予上灘駅から翠小学校までを直接結ぶ特別便を運行するなど、双海地域の生活に寄り添った公共交通サービスの実現を目指します。

うちの近くにもバス停ができた!!過疎の町に喜びの声。

地域の住民からは、「わが町の各所にバス停が!ワクワクが止まらない。」「家の近くにバス停ができました。もう、嬉しすぎます!」「バス停ごとに子供たちが降りてバイバイしていくのを見て『まるで都会みたいや!』と思わずにっこり」「自動運転バスで買い物や役場、病院などに行けたら楽しく、便利な生活ができそう」などなど、嬉しい声が‼

自動運転EV「MiCa(ミカ)」は、地域の新たな交通手段として期待が寄せられています。


2024年2月末まで週3日運行されており、誰でも無料で乗車できるので、ぜひ利用してみてください!

運行表などの詳細は伊予市公式ホームページへ

取材:YUKA

PROFILE

【運行の概要】
運行期間:2024年1月31日~2月29日(火・木・土曜日のみ)
運行速度:時速20km未満
乗車定員:7人(オペレーターを除く)
乗車方法:自由乗車(事前予約不要)
運賃:無料
運行本数:5便/日
走行距離:5.5km(片道)

 

FacebookTwitterLine

いーよ

FOLLOW US伊予市の情報、発信中!

LINE
Instagram
facebook
Twitter
Youtube