伊予市地域おこし協力隊を募集します < 伊予市シティプロモーションサイト|観光・ふるさと納税・特産品・移住・人

サイト内検索

FacebookTwitterLine
LINE登録
メルマガ登録

伊予市地域おこし協力隊を募集します

2024.01.24

伊予市地域おこし協力隊を募集します

伊予市は、瀬戸内海に面した温暖ですごしやすい気候と、海や山の幸に恵まれた人口約35,000人のまちです。市内には、田園地帯から緑豊かな山間部、海沿いの港町まで、多彩な表情を持ち、市内各地で住民や地域団体が自然や風土、生活文化といった地域資源を生かした取り組みを行っています。

伊予市の地域に生活する住民がより幸せになるよう、自身の経験や能力を発揮したいという意欲と行動力のある人材を募集します。

活動の概要・募集人数

3つの活動テーマについてそれぞれ1名ずつの隊員を募集します。活動テーマに沿って、自身の経験や能力を生かして、市民、地域、まちづくり団体と連携し、地域力の維持・強化につながるような活動を行っていただきます。

活動テーマ主な活動内容
地域観光サービスや地域産品の販売促進主に(一社)伊予市観光物産協会ソレイヨの各種事業に従事する。関係者との交流を経て把握する地域の資源や問題を基に、活動テーマを企画・実行したり、担当する領域において、自らが主体的に販売促進等活動を行うことを想定している。
中山地域づくり活動コーディネーター伊予市中山地域を主な活動地として、現在、仲間がおらず取り組めていない地域づくり活動のテーマについて、住民同士、また住民と地域外居住者とのつなぎ役として関わりながら、交流や新たな取組をコーディネートする。
双海地域づくり活動コーディネーター(一次産業重点型)伊予市双海(ふたみ)地域を主な活動地として、現在、仲間がおらず取り組めていない地域づくり活動のテーマについて、住民同士、また住民と地域外居住者とのつなぎ役として関わりながら、交流や新たな取組をコーディネートする。
特に、当地域では一次産業(農業・狩猟)に関する地域づくり活動の交流や新たな取組を重点事項として取り組む。

雇用について

伊予市の会計年度任用職員として任用(雇用)します。会計年度任用職員とは、一会計年度(4月1日から3月31日)を超えない範囲で任用される一般職の非常勤職員です。
※ 活動テーマのうち、「地域観光サービスや地域産品の販売促進」は一般社団法人への派遣扱いとします。

応募方法

伊予市地域おこし協力隊募集要項の応募条件及び勤務条件等をご確認の上、伊予市地域おこし協力隊応募用紙を地域創生課までご提出ください。

  • 募集期間
    令和6年1月23日(火曜日)から令和6年2月29日(木曜日)まで
    ※ 採用に至らなかった場合は改めて募集します。
  • 提出方法・提出先
    提出については、記載用紙を郵送又は持参いただくか、記載データをメールにてご送付ください。
    送付先 〒799-3193 愛媛県伊予市米湊820番地伊予市役所 地域創生課
    メールアドレス chiikisousei@city.iyo.lg.jp

募集要項・応募用紙

【ワード形式】

【PDF形式】

現地視察について

地域おこし協力隊の着任後のミスマッチを減らすため、3月11日(月曜日)までの現地視察を応募資格の一つとします。視察については、伊予市移住サポートセンター「いよりん」のスタッフがサポートし、希望する活動テーマにあわせてご案内します。視察の受付やお問い合わせは、伊予市地域創生課において随時お伺いしております。検討中のテーマや来訪日について、電話(089-909-6382)またはメール(chiikisousei@city.iyo.lg.jp)にて、お気軽にご連絡ください。なお、伊予市までの旅費、宿泊費等はご本人の負担となりますのでご了承ください。

FacebookTwitterLine

いーよ

移住に関する相談

「いよりん」では、本市の暮らしの情報を集約し、相談者にワンストップで提供しています。
移住を検討されている方や少しでも興味をお持ちの方はお気軽にお問合せください。

いよりん

愛媛県伊予市移住サポートセンター「いよりん」

〒799-3114 愛媛県伊予市灘町123
まちの縁側『ミュゼ灘屋』内
JR伊予市駅・伊予鉄郡中港駅より徒歩3分

お問い合わせフォーム

サポートする地域団体のご紹介

  • 住民自治されだに

    伊予市中山町 佐礼谷地区

    昭和の風景が残る山間集落

    松山市(県庁所在地)や空港からのアクセスがよい当地区は、田園風景や古い農業倉庫など懐かしい風景が残る集落。中山栗や佐礼谷ゆずこしょうなど特産品も多く、就農目的やIターンのファミリーや、定年退職者などが移住しています。移住体験施設の開設も計画中です。

  • 町家

    伊予市 郡中地区

    歩いて暮らせる郡中まち暮らし

    生活施設が集中し車がなくても安心して暮らせる中心市街地でありながら、海・山・里の新鮮な食材と豊かな自然環境が揃っています。市の第3セクターである「まちづくり郡中」では、移住を希望される方に、まち案内や住宅見学などを行っています。

  • まちづくり学校 双海町

    伊予市双海町 双海地区

    愛媛県内最古の木造校舎で学ぶ

    瀬戸内海と豊かな里山が背中合わせになり、傾斜地を利用して柑橘をはじめ多くの果実が生産されている地域です。まちづくり学校 双海人(ふたみんちゅ)では、児童数の減少に危機感を抱き「学校を守れ」を合言葉に移住の受け入れを行っています。

FOLLOW US伊予市の情報、発信中!

LINE
Instagram
facebook
Twitter
Youtube